Excelで作ったファイルは保存しないと、作業した内容は失われてしまいます。これは同然のことですが、案外効率的な方法は知らないもの。

されどファイルの保存ということで、おざなりにすると全てを失ってしまうことになりかねません。

今回は、Excelでのファイルの保存方法を詳しく解説します。動画の方が分かりやすいという声が多かったので、今回は動画も入れて紹介します。

【動画】Excelの保存作業

 

Excelの保存作業には3つの方法があります

Excelでファイルを保存するシーンとしては、

・いちから作成したファイルを保存する

・すでにあるファイルを開いて、データを追加・修正して上書き保存する

・すでにあるファイルを開いて、データを追加・修正して、別の名前で保存する

という3つの方法があります。

それぞれの手順は次の通りです。

新たに作成したExcelのファイルを保存する方法

新たに作成したExcelのファイルをドキュメントに「サンプルデータ」という名前で保存する手順を説明します。

1.メニューの「ファイル」をクリックします

2.「名前をつけて保存」をクリックします

3.コンピュータをクリックし、右に表示される一覧から「ドキュメント」をクリックします

4.「名前をつけて保存」のダイアログボックスが表示されます

 

5.ファイル名に「サンプルデータ」と入力します

6.保存ボタンをクリックします

7.タイトルバーに指定したファイル名「サンプルデータ」が表示されていることを確認しましょう

 

すでに保存してあったファイルを開いて修正後、上書き保存する方法

すでに保存してあったファイル「サンプルデータ」を開いて、修正後、上書き保存する手順を説明します。

1.保存してあったファイルにデータを追加・修正します

2.画面左上のクイックアクセスツールバーの「上書き保存」ボタンをクリックします

3.これで上書き保存(同じ場所、同じ名前で保存)がされます

 

すでに保存してあったファイルを開いて、修正後、違う名前で保存する方法

すでに保存してあったファイルを開いて修正後、違う名前「サンプルデータ2」で保存する手順を説明します。

1.保存してあったファイルにデータを追加・修正します

2.メニューの「ファイル」をクリックします

3.「名前をつけて保存」をクリックします

4.コンピュータをクリックし、右に表示される一覧から「ドキュメント」をクリックします

5.「名前をつけて保存」のダイアログボックスが表示されます

 

6.ファイル名にすでについているファイル名「サンプルデータ」が入力されているので、そのファイル名を「サンプルデータ2」と直します

7.保存ボタンをクリックします

8.タイトルバーに新たなファイル名「サンプルデータ2」が表示されていることを確認しましょう

9.この方法で保存すると、元のファイル「サンプルデータ」と修正後の「サンプルデータ2」2つのファイルが保存されることになります。

 

ここに注意!

ファイルの保存は、パソコン操作では忘れてはならない大切な作業です。

手順になれてくると、保存する場所や名前を意識せずに作業してしまいがちですが、あとからそのファイルを使用する際、保存した名前や場所が分からないと、ファイルを見つけられず困ってしまうケースもあります。

ファイル名はわかりやすく、保存場所もしっかり確認して、ファイルの保存をするようにしましょう。