PR

人気のRubyが学べるおすすめスクール!選ぶポイントやメリットも紹介!

Rubyが学べるおすすめスクールを紹介している男性 プログラミングスクール
当サイトはPR提携をしています
プログラミング言語「Ruby」はプログラミングスクールで学ぶ事が出来ます。

Rubyは有名なプログラミング言語ですが、扱っているプログラミングスクールの特徴や費用などが気になるところです。

マスター
マスター

ここではRubyが学べるおすすめのプログラミングスクールを紹介しています。学ぶ前に参考にしていただくと幸いです!

「Ruby」が学べるプログラミングスクールの人気おすすめ【対面授業もオンラインもあり】

人気おすすめを紹介している女性

プログラミング言語「Ruby」が学べるプログラミングスクールの中でも評価評判が高いスクールを人気おすすめとして紹介しています。

テックアカデミー(TechAcademy)

テックアカデミー

テックアカデミーはスキル別に30種類以上のコースがあり、目的に合わせて選べることが特徴です。

Rubyを学べるコースは2つあり、WebアプリケーションコースとWebアプリ実践ポートフォリオコースになります。

また、アプリケーションコースは基礎からオリジナルサービス開発を、アプリ実践ポートフォリオコースは実務レベルのスキルを学べます。

受講形式はオンラインでマンツーマンレッスンとビデオチャットがあり、実務経験3年以上の現役エンジニアがレッスンを担当します。

対応時間は平日10時から19時までに限られますが、チャットサポートや課題レビューもありサポートが充実しています。

マスター
マスター

受講料金はWebアプリケーションコースは18万5,900円で期間は4週間〜ですが、学生は1万1,000円安く厚生労働省職業訓練給付金制度に対応できます。

テックキャンプ(TECH CAMP)

TECH CAMP(テックキャンプ)

テックキャンプは現場で使える実践的なスキルを学べるのでとても人気が高いスクールです。

また、専属のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートし、エンジニア転職に最適なプログラミングスクールです。

受講形式は対面教室とオンラインがあり、プロの講師によるマンツーマンレッスンで転職成功率99%と実績があります。

プログラミング教養コースは入会金21万7,800円と月額2万1,780円であり、1ヶ月から受講できます。

エンジニア転職コースは最短10週間〜で、短期集中スタイルは通学は71万2,800円ですがオンラインは65万7,800円と安くなります。

マスター
マスター

卒業後は教材の閲覧やキャリアサポートが無料であり、厚生労働省専門実践教育訓練給付金制度対象です。

ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)

POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)

ポテパンキャンプはエンジニアの育成に特化したプログラミングスクールであり、Rubyを学ぶためにはRailsキャリアコースを選ぶことになります。

カリキュラムの特徴は最短5ヶ月でエンジニアとして現場に通用するスキルが学べ、転職支援サポートが充実し提携企業求人を紹介してくれます。

レッスンは現役エンジニアがマンツーマンで担当し、対応時間は10時から23時までです。

また、転職サポートは満足度が100%で受講生限定イベントも開催され、卒業後も無料キャリアサポートがあります。

マスター
マスター

コースはRailsキャリアコースのみですが、受講期間は5ヶ月で料金は44万円になり分割払いも可能です。

ランテック(RUNTEQ)

RUNTEQ

ランテックはRubyエンジニアの育成に特化し、Webマスターコースは学習時間が1000時間と長めです。

しかし、課題解決型で企業から評価され、開発を目的として学びたい方に向いています。

このため、専属キャリアトレーナーが在籍し、転職サポートが充実しているため安心して学べます。

サポートは自己分析支援、書類添削、企業紹介、模擬面接があり、Rubyアソシエーション認定教育機関に認定されています。

受講形式はオンラインで現役エンジニアからマンツーマンで指導してもらえ、卒業後は無料でキャリアサポートや学習カリキュラムの利用、コミュニティやイベントの参加が可能です。

また、全額返金保証もあり転職できない場合は全額返金してもらえますが、就職サポートや質問は無制限のため安心して学べます。

マスター
マスター

コースはWebエンジニア転職コースのみですが、受講料金は55万円、期間は9ヶ月で分割払い可能です。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPはエンジニア転職に特化し、転職成功率が98%の実績があるプログラミングスクールです。

受講形式はオンラインで専属講師がレッスンを担当し、マンツーマンで指導してくれます。

対応時間は15時から23時になり、1回25分で週2回のペースで学べることが特徴です。

また、キャリアアドバイザーによる転職や就職の支援だけでなく、副業案件獲得や案件に関するメンタリングサポートもあります。

マスター
マスター

料金はすべて16万9,800円〜で受講期間は4週間〜になり、有料で受講延長ができるため理解するまで学べることが特徴です。

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

侍エンジニア塾

侍エンジニアは習う目的や理想の生活をヒアリングし、受講者がスムーズに覚えやすくなるようにカリキュラムを決めてくれます。

また、現役エンジニアがマンツーマンレッスンで教えてくれ、わざわざ通学せずにオンライン形式で学べることが特徴です。

インターネットが通じる環境なら場所を気にせずに学べることや、転職成功率99%や学習完了率98%といった実績があります。

ほかにも、給付金コースは最大70%OFFで受講でき、学ぶときに疑問があれば気軽に学習コーチに相談できて便利です。

また、レッスンは1回60分で週1回のペースであり、全日8時から22時まで対応しています。

マスター
マスター

受講料金はプログラミング教養コースは16万5,000円〜、オーダーメイドコースは46万2,000円〜であり、分割払いにも対応し、目的に合わせて決めると効果的です。

 

Rubyが学べるスクールを選ぶポイント

選ぶポイントや選び方を教えている人

プログラミングスクールでRubyを学ぶときは以下のポイントを確かめ、後悔しないように決めることが大事です。

 

  • 就職や転職のサポートが充実しているか?
  • Rubyでオリジナルアプリが開発できるか
  • 料金設定
  • 実績
  • 経験豊富なエンジニアに質問できるか
  • カウンセリングや体験授業の内容
  • 評判や口コミ
マスター
マスター

Rubyを学ぶときは目的を決めてから最適なスクールを探し、それ相応の費用がかかるためきちんと計画を立てないといけません。

特に重要な事はサポートの内容

プログラミングスクールは講師やキャリアアドバイザーのサポートがありますが、スクールによって手厚さには差があります。

プログラミングスクールで学ぶためにはそれなりに費用がかかるため、サポートが不十分であれば逆効果になります。

目標に合わせてサポートしてもらえるよう内容を確かめる事が大切です。

  • 就職転職サポートの有無
  • 提携求人の有無
  • 講義内容について随時質問が出来るサポート環境かどうか
マスター
マスター

などをチェックしましょう。特に就職転職サポートは単に用紙をもらうだけでなく、面談形式でサポートしてもらえるのかなども確認!

Rubyをプログラミングスクールで学ぶメリット

Rubyを独学ではなくプログラミングスクールで学ぶと実際の仕事での実績があるプロの講師が教えてくれ、就職や転職などをサポートしてもらえます。
どのように仕事に活かせるか?実際の仕事内容などを細かく聞けるのは独学では経験できない学びになります。そして就職転職した後の仕事内容がイメージしやすいのもメリット。

独学でテキストを参考にして学ぶとサポートがまったくないため、業界の情報が分からないデメリットや学ぶ意欲の低下などで、中途半端な状態のまま挫折しやすくなります。

マスター
マスター

プログラミングスクールで学ぶと目標に合わせて最適なカリキュラムを決め、達成できるようサポートしてもらえて、実際の就職や転職後の仕事内容もイメージしやすいので、意欲を継続しつつ学ぶ事が出来ますよ!さらに出てきた疑問が即質問にて解決出来るのは挫折を回避できる大きなメリット!

まとめ

Rubyを学べるプログラミングスクールを紹介しましたが、スクールごとに受講料や期間、サポートの内容などが異なります。

Rubyを学ぶときは目標をきちんと決め、出来るだけ手厚いサポートをしてもらえるスクールを選びましょう!

プログラミングスクールは通学だけでなくオンラインもあるため、学びやすい形式の授業を選択しましょう!

 

この記事を書いた人
pc_master

記事中の内容が違う場合はご連絡ください。確認後、修正します。

また、掲載しているパソコン教室の現在の有無や新しいパソコン教室情報なども連絡なども頂ければ確認して掲載・修正致します。

pc_masterをフォローする
プログラミングスクール
パソコン教室マスター

コメント

タイトルとURLをコピーしました