PowerPointには、[テーマ]が用意されているので、そのテーマを選択するだけで、すべてのスライドのデザインを一気に変更することができます。

デザインをそのまま使っても、美しいプレゼンテーション資料は作成できますが、実は、適用したテーマをさらに細かく変更し、オリジナリティーにあふれたデザインにすることができます。

そこで今回は、より個性的で説得力のあるプレゼンテーションを作成するため、PowerPointのテーマ・背景の変更方法を詳しく紹介します。

動画の方が分かりやすいという声も多かったので、動画も入れて紹介しましょう。

【動画】PowerPointでスライドの背景を変更する方法

 

テーマをバリエーションで変更する方法

設定したテーマにバリエーションを加えることで、配色、フォント、背景などをパーッケージで変更することができます

1.[デザイン]タブを選択します

 

2.[バリエーション]から設定したいデザインを選択します

 

3.背景の色や図形の塗りつぶしの色などがセットで変更されます

 

4.[バリエーション]のその他ボタンを押すと、[配色][フォント][効果][背景のスタイル]を個別に変更することができます

 

背景を細かく設定する方法

背景を細かく設定する方法を紹介しましょう

色の設定

内容に合わせて、色を変更することができます

1.[デザイン]タブの[背景の書式設定]を選択します

 

2.[塗りつぶし(単色)]を選んで、色の▼から設定したい色をクリックします

 

3.[透明度]を設定することもできます

 

4.決めた[色]や[透明度]をすべてのスライドに適用するには、[すべてに適用]をクリックします

 

5.すべてのスライドに設定した背景が適用されます

 

パターンの設定

パターンの設定もできます

1.[背景の書式設定]から[塗りつぶし(パターン)]を選択します

 

2.一覧から設定したいパターンを選びます

 

3.[前景]と[背景]の色を選びます

 

4.パターンが背景に設定されます

 

背景に画像を入れる方法

パソコンに保存してある画像を背景に設定することもできます

1.[デザイン]タブの[背景の書式設定]から[塗りつぶし(図またはテクスチャ)]を選択します

 

2.[図の挿入元]から[ファイル]をクリックします

 

3.[図の挿入]ダイアログボックスが表示されるので、挿入したい画像を選択して[挿入]ボタンを押します

 

4.選択した画像が背景に設定されます

 

5.[背景グラフィックを表示しない]にチェックを入れると、もともと設定されていたグラフィックが表示されなくなります

 

6.[すべてに適用]せずに設定を終了することで、指定したスライドの背景にだけ画像が適用されます

 

 

まとめ

背景は、プレゼンテーションの印象を大きく左右する重要なものです。

用意されているテーマの色を変えたり、タイトルスライドの背景を画像にするなど、ちょっとした工夫を加えることで、よりインパクトのあるプレゼンテーションに仕上げることができます。

色ひとつとっても、透明度を変えられるなど、細かい設定ができますから、楽しみながら背景の設定を試してみてはいかがでしょうか。