Wordで見出し付きの長文を作成したとき、目次をつけたい!と思ったことはありませんか?

実はWordには自動で目次を挿入する機能があります。

操作自体は簡単ですが、目次を挿入するためには、あらかじめ文書内の設定が必要です。

そこで、今回は目次挿入の機能を使いこなせるよう、目次の挿入方法を詳しく紹介します。

動画の方が分かりやすいという声も多かったので、動画も入れて紹介しましょう。

【動画】Word文書に自動で目次を挿入する方法

 

目次挿入のための準備(見出しの設定)

自動で目次を挿入するためには、目次に使う行に「見出し」の設定が必要です。

1.見出しを設定する行を選択し(カーソルを置くだけでもOK)、[ホーム]タブの[スタイル]グループから[見出し1]をクリックします。

 

2.[見出し2]が必要な場合は、同様に[スタイル]の[見出し2」を設定します

 

3.文書内の見出しにすべて「見出し1」「見出し2」(必要に応じて「見出し3」)の設定をします

 

目次を挿入する方法

設定した「見出し」を使って目次を作成します

1.目次を挿入する白紙のページを挿入するため、本文の最初の行にカーソルを置きます

2.[挿入]タブの[空白のページ]を選択します

 

3.白紙のページが挿入されます

 

4.挿入された白紙のページには、改ページが挿入されているので、その前にカーソルを置きます

 

5.[参考資料]タブの[目次]をクリックし、表示される組込みの目次から[自動作成の目次]を選択します(ここでは2を選択)

 

3.設定した「見出し」を基準に目次が作成されます

 

目次の更新する方法

改ページを挿入するなど、ページ数が変更になった場合の目次の更新方法を確認しましょう

1.「3.まとめて変更するには」の前にカーソルを移動します

 

2.[ページレイアウト]タブの[区切り]から[改ページ]を選択します

キーボートのCtrlキーを押しながらEnterキーを押しても改ページを挿入できます

 

3.改ページが挿入され、「3.まとめて変更するには」以降が次のページ(4ページ)に移動します

 

4.目次のページ番号は、改ページを入れる前のままで更新されていません

 

5.目次のすぐ上に表示される[目次の更新]、もしくは、[参考資料]タブの[目次の更新]をクリックします

 

6.[目次の更新]ダイアログボックスが表示されます。今回はページの変更だけなので[ページ番号だけを更新する]を選択し、OKボタンを押します

 

7.目次のページ番号が更新されます

 

目次の書式を変更する方法

目次の書式を変更することもできます

1.目次を選択した状態で[参考資料]タブの[目次]から[ユーザー設定の目次]をクリックします

 

2.[目次]ダイアログボックスが表示されます。[目次]タブで[書式]や[アウトラインレベル]の変更が可能です

 

3.[既存の目次と入れ替えるか」確認画面が表示されるので、OKボタンを押します

4.目次の書式が変更されます。ここでは、アウトラインレベルを「1」に変更したので、「見出し1」のみが目次に表示されるようになりました

 

目次を削除するには

1.目次を選択した状態で、目次の上に表示される[目次]のボタンをクリックし、表示される一覧から[目次の削除]を選択します

 

 

2.[参考資料]タブの[目次]からも[目次の削除]を選択することができます

 

まとめ

Wordでは、見出しの設定がされていれば、目次は簡単に自動挿入することができます。

手作業で目次を作成するのはとても大変ですし、ページが変更になったら、その都度すべてのページ番号を振り直す必要があります。

ただ、Wordの目次機能も、ページ番号や見出しの内容は自動では変更されないため、変更を加えた場合は「目次の更新」を忘れないようにしましょう。